田辺城

     
 山陰道 丹後の国
 城 名 田辺城
 別 称 舞鶴(ぶがく)城
 所 属 安土桃山時代・信長の家臣
 築城年 1579
 築城主 細川藤孝

室町時代の丹後守護・一色氏は建部山城にあったが、平時は八田の守護館で政務をとっていた 天正6年(1578)長岡藤孝(幽斎)は、織田信長の命によって丹後を制圧し、宮津を居城とした 京都にも近く交通の要所である八田を田辺と改め、田辺城を築いた 天正10年(1582)親戚関係にあった明智光秀本能寺の変を起こし、藤孝は嫡男の忠興に家督を譲って宮津城に隠居した 慶長5年(1600)関ヶ原の戦いでは、当主の細川忠興徳川家康率いる東軍に加勢した 藤孝が留守を守る田辺城は小野木重勝や前田茂勝が率いる西軍に包囲された 長期の籠城後、後陽成天皇の仲介で命を助けられた藤孝は開城した こののち京極高知が田辺城に入城したが、宮津城を再築して本拠地とした 京極家は嫡男・高広が宮津藩、次男・高三が田辺藩、甥で婿養子・高信が峰山藩を相続して、丹後を3藩で分割統治した 初代藩主となった京極高三により石垣の修復や櫓の再建が図られた 寛文8年(1668)牧野氏が入封すると、城門・石垣などが改築され、明治まで世襲した 明治2年(1869)版籍奉還が行われ、紀伊田辺藩との同一藩名を解消するため太政官より名称変更を命じられ、田辺城の雅称・舞鶴城に因んで舞鶴藩に改称した
画像
画像
画像
画像
画像
訪問日 2016-06-18 遺 稿 復元大手門・隅櫓
入場料 無料 駐車場 無料 C2
昭和15年(1940)二層櫓が彰古館として復興された 平成9年(1997)本来の外堀上に城門が復興され、田辺城資料館になっている 公園として整備され、天守台石塁などがある 雅称とは、風流なあだ名、みやびな呼び方、おしゃれな別称、俗称の対語で、城郭の形状・構造・立地などから多くの城が雅称を持つ 舞鶴城・臥牛城・浮城・烏城・白鷺城・霞ヶ城・亀山城など
画像

鶴舞又は舞鶴という雅称のある城