福知山城

     
 山陰道 丹波の国
 城 名 福知山城
 別 称 掻上城・横山城・福智山城
 所 属 戦国時代・秀吉の家臣
 築城年 1579
 築城主 明智光秀

室町時代小笠原長清の末裔とされる国人・塩見頼勝が掻上城を築城した 後に息子・塩見信房は横山に改姓、城名も横山城となる 畿内を押さえた織田信長は、豊臣秀吉明智光秀に中国攻めを命じ、豊臣秀吉山陽道から、明智光秀金山城を築き山陰道側より進軍した 敵対したのは赤井直正・波多野秀治で、塩見信房はこの連合軍に加担していた 赤井直正天正6年に病死、波多野秀治の八上城は翌天正7年に落城、赤井直正の黒井城も同年落城 これにより掃討戦が開始され、塩見信房は自刃し福山地方の国人衆は明智光秀に降伏した 山陰道を押える要衝地にあるこの城は、福知山盆地の中央に突き出た丘陵の先端地にあり、東西に流れる由良川が天然の堀となり、展望のよくきく要害の地であった 丹波国を平定した明智光秀は福智山城と改名、近世城郭へと大修築し、城代には藤木権兵衛と明智秀満を置いた 天正10年(1582)本能寺の変明智光秀勝利したが山崎の戦いで敗れ、丹波亀山城を居城とする豊臣秀勝が城主となった その後、杉原家次が城主となったが病没、次いで小野木重勝が城主となった 小野木重勝関ヶ原の戦いで西軍に属したが、論功行賞により福知山城に入城したのは有馬豊氏で、現在の城郭や城下町はこの時代に完成した 元和7年(1621)岡部長盛丹波亀山城から移る 3年後、稲葉紀通が摂津国中島藩より移る 慶安2年(1649)刈谷藩から松平忠房が入部 寛文9年(1669)土浦城の朽木稙昌が入部 明治2年(1869)幕末まで朽木氏が13代世襲した
画像
画像
画像
画像
画像
画像
訪問日 2015_11_26 遺 稿 外観復元天守・移築番所
入場料 320 駐車場 無料 C2
明治6年 (1873)廃城令で天守台と本丸の石垣のみ残される 石垣は、自然石をそのまま利用する方法で積まれ、転用石として宝篋印塔・五輪塔などが大量に使用されている 大正5年(1916)二ノ丸の登城路にあった銅門番所が天守台に移築された 昭和61年(1986)三重三階の大天守と二重二階の小天守・続櫓が連結した望楼型天守が復元された 外観は忠実に再現されているが、鉄筋コンクリート造である この時に銅門番所は本丸に移築された 福知山城公園として整備され、福知山市郷土資料館の施設となっている 市役所がある三の丸は台地のままだが、裁判所や検察庁などがある二の丸の台地は削り取られている 公園入口に隅櫓様式の日本画家・佐藤太清記念美術館がある
画像