日吉東照宮

     
 日吉東照宮
 日吉大社末社
 祭 神
 東照大権現
 とうしょうだいごんげん
 日吉大神
 ひよしだいじん
 豊臣秀吉
 とよとみひでよし
 2015_04_14

元和2年4月(1616) 我亡き後は、先ず駿河久能山に葬り、一周忌を経て日光山に移せ(家康遺言) 元和2年5月 久能山東照宮着工、12月完工、遺言通り久能山に葬る 元和2年11月 日光東照宮着工(二代将軍・徳川秀忠) 元和3年3月 日光東照宮創建、遺言に従い4月の一周忌を期に日光へ移す 元和9年9月 日吉東照宮を造営 寛永10年(1634) 日吉東照宮を再建に着工、天海僧正に命じ権現造りを考案させる 寛永10年7月 日吉東照宮落成、勅使を迎えて正遷座を行う(現社殿) 寛永10年11月 日光東照宮の再建に着工、権現造りを採用(三代将軍・徳川家光) 寛永12年4月(1636) 日光東照宮完成(寛永の大造替)
画像
画像
画像
画像
画像
本殿と拝殿を繋ぐ権現造りは、日光東照宮を再建するときに踏襲された 明治以前は比叡山延暦寺が管理をしていたが、神仏分離令が出され日吉大社の摂社になり、祭神を摩多羅神(またらじん)から秀吉に換えた 社殿・唐門・透塀は重要文化財 拝観可能なのは、土日祝のみ
画像



家康の霊柩宿泊地
 元和2年(1616)4月17日 家康公は75歳の生涯を駿府城で閉じる  元和3年(1617)3月15日 日光東照社の竣工をうけ久能山を出発
日付場所遺稿・リンク
15お茶屋御殿遺稿なし
16・17世古本陣石碑・門は長円寺の山門として移設
18・19小田原城「小田原城」の記事へ
20中原御殿石碑・裏門は隣接する善徳寺の山門として移設
21・22府中御殿JR府中本町駅東隣、国府跡と共に調査中
23~26喜多院「喜多院・仙波東照宮」の記事へ
27忍城「忍城」の記事へ
28惣宗寺「佐野厄除け大師・佐野東照宮」の記事へ
29~3薬王寺薬王寺(鹿沼)
4座禅院「輪王寺(三仏堂)」の記事へ
 4月 8日 東照社(後の東照宮)奥の院の廟窟地下に埋葬  4月17日 一周忌を行う