中宮寺

     
 中宮寺
 法興山
 聖徳宗 小本山
 本 尊
 如意輪観音
 にょいりんかんのん
 文殊菩薩
 もんじゅぼさつ
 2015_04_13

天平19年(747)の法隆寺縁起では、聖徳太子建立七寺の一とされるが確証はない 旧寺地の発掘調査の結果から7世紀前半の創建と推定される 平安時代聖徳太子伝暦は、聖徳太子が母・穴穂部間人皇女の宮殿を寺としたと伝えるが、鎌倉時代の顕真が著した聖徳太子伝私記には、葦垣宮・岡本宮・鵤宮(いかるがのみや)の3つの宮の中にあった宮なので中宮といい、それを寺にした時に中宮寺と号したとの説が記載されている 平安時代以降衰微し、鎌倉時代に信如によって復興が図られた 慶長7年(1602)慈覚院宮を初代門跡に迎え、以後門跡尼寺として現在に至る この頃、現在地に移転した
画像
画像
画像
画像
画像
画像
創建当時の中宮寺跡は現境内の東方約400mにあり、かつての地名を大字法隆寺字旧殿(くどの)といい、四天王寺様式の伽藍配置で古い時代の創建であったことを示す 国の史跡に指定されている 現境内は夢殿のある法隆寺東院のすぐ東に接する子院地を拝借している 昭和43年(1968)高松宮妃の発願で、和風の現代建築で本堂を建立 本尊の如意輪観音(弥勒菩薩)は国宝、文殊菩薩は重文
画像

聖徳太子建立七大寺


大和三門跡(大和国にある尼門跡寺院)
法華寺光明皇后ゆかりの御由緒寺院国分尼寺 氷室御所 真言律宗光明宗
中宮寺聖徳太子ゆかりの御由緒寺院 斑鳩御所 法相宗聖徳宗
円(圓)照寺:文智女王が隠棲した門跡寺院 山村御流家元(華道) 山村御所 臨済宗妙心寺派(非公開・拝観不可)