東海道

安房神社

安房(あわ)神社 安房国一宮・大神宮 式内・名神大・官幣大・別表神社 祭 神 上の宮(本宮) 天太玉命 あめのふとだまのみこと 天比理刀咩 あめのひりとめのみこと 忌部五部(伴緒)神 いんべいつとものをのかみ 下の宮(摂社) 天富命 あめのとみのみこと 天忍日命 あ…

洲崎神社・養老寺

洲崎(すのさき)神社 安房国一宮 式内大(論)・県社 祭 神 天比理乃咩命 あまのひりのめのみこと 観音寺 妙法山 通称:養老寺 真言宗 智山派 本 尊 十一面観世音菩薩 じゅういちめんかんぜおんぼさつ 2017/4/22 社伝によれば、神武天皇の治世に天富命が祖母神の…

新橋浅間神社

新橋浅間(にいはしせんげん)神社 東表口参道宮 村社 祭 神 木花咲耶姫命 このはなさくやひめのみこと 瓊瓊杵尊 ににぎのみこと 天照大神 あまてらすおおみかみ 誉田別命 ほむだわけのみこと 菅原大神 すがわらのおおかみ 2017_03_23 建久4年(1193)源頼朝が富…

伊射波(いざわ)神社

伊射波(いざわ)神社 志摩国一宮・加布良古明神 式内大(論)・無格社 祭 神 稚日女尊 わかひめのみこと 伊佐波登美命 いざわとみのみこと 玉柱屋姫命 たまはしらやひめのみこと 狭依姫命 さよりひめのみこと 2017_03_21 稚日女尊を海の道から加布良古崎へ祭祀し…

伊雑宮(いざわのみや)

伊雑宮(いざわのみや) 志摩国一宮 式内大(論)社・皇大神宮別宮 祭 神 天照坐皇大御神御魂 あまてらしますすめおおみかみのみたま 2017_03_21 伊勢神宮の内宮を建立した倭姫命が、神宮への神饌を奉納する御贄地(みにえどころ)を探していたところ、当地で伊佐波…

志摩国分寺

志摩国分寺 護国山 天台宗 本 尊 薬師如来 やくしにょらい 2017_03_21 建立当時の国分寺は厳然とした七堂伽藍もあり、八丁四方に及ぶ広大な面積を有し、田の寺領も2町歩あったといわれている 現在も国府地区には、条里制を思わせる地割りが残っており、尼寺…

諏訪原城

東海道 遠江の国 城 名 諏訪原城 別 称 牧野城 所 属 戦国時代・武田勢 築城年 1573 築城主 馬場信春 永禄11年(1568)武田信玄と松平家康は同盟し、駿河・遠江を領していた今川氏を東西から攻め立てた 永禄12年(1569)今川氏真は掛川城を明け渡し、北条氏を頼っ…

一言主神社

一言主神社 村社 祭 神 一言主大神 ひとことぬしのおおかみ 2017_01_12 社伝では、大同4年(809)創建、祭神の一言主大神は大国主命の子・事代主命と同一神としている ある夜あやしき光が現れ、雪の中からタケノコが生じ、一本が三つに枝わかれした三岐(みつま…

飛島善光寺

飛島善光寺 定額山 天台宗 本 尊 善光寺式阿弥陀三尊 ぜんこうじしきあみださんぞん 阿弥陀如来 あみだにょらい 2016/04/22 明治38年(1905)本堂を建立し、信州善光寺より御分身仏を勧請 明治41年(1908)唐裡、鐘楼を建立 大正元年(1912)台風被災、全国で死者6…

祖父江善光寺

(祖父江)善光寺 双蓮山 東海別院 無宗派 本 尊 善光寺式阿弥陀三尊 ぜんこうじしきあみださんぞん 2015_11_03 明治42・43年(1909・1910)2年続いて、1本の茎から二つの蓮が咲くという不思議なことがあり、天正10年(1582)織田信長・信雄によって、善光寺ご本尊が…

千代保稲荷神社

千代保稲荷神社 おちょぼさん 祭 神 大祖大神 おおおやのおおかみ 稲荷大神 いなりのおおかみ 祖神 おやがみ 2015_11_03 平安時代、源八幡太郎義家の六男・義隆が分家する際、森の姓をもらいうけ、義家より「先祖の御霊を千代に保て」と祖神と共に宝剣と義家…

北口本宮浅間神社

北口本宮浅間神社 県社・別表神社 祭 神 木花開耶姫命 このはなさくやひめのみこと 彦火瓊瓊杵尊 ひこほのににぎのみこと 大山祇神 おおやまづみのかみ 2015_10_24 延暦7年(788)甲斐守・紀豊庭が社殿を造営 中世には郡内地方の領主・小山田氏から庇護を受けた …

冨士御室浅間神社・常在寺

冨士御室浅間(ふじおむろせんげん)神社 小室浅間明神 県社・別表神社 祭 神 木花開耶姫命 このはなさくやひめのみこと 常在寺 霊鷲山 法華宗本門流 本 尊 十界曼陀羅 じっかいまんだら 2015_10_24 文武天皇3年(699)藤原義忠によって富士二合目に創建された 和…

河口浅間(あさま)神社

浅間神社 河口浅間(あさま)神社 式内(論)・名神大・県社 祭 神 浅間大神(木花開耶姫命) あさまおおかみ(このはなさくやひめのみこと) 天津彦彦火瓊瓊杵尊 あまつひこひこほににぎのみこと 大山祇神 おおやまづみのかみ 2015_10_24 中世後半から富士登拝の大衆…

滝山寺・滝山東照宮

滝山寺 吉祥陀羅尼山 薬樹王院 天台宗 本 尊 薬師如来 やくしにょらい 滝山(たきさん)東照宮 村社 祭 神 東照大権現 とうしょうだいごんげん 2015_10_13 縁起によれば、天武天皇の命で役行者(小角)が青木川で拾った金色の薬師如来像を祀る吉祥寺として創建し…

冨士浅間(ふじあさま)神社

冨士浅間神社 須走浅間神社 東口本宮冨士浅間(せんげん)神社 県社 祭 神 木花開耶姫命 このはなさくやひめのみこと 彦火火出見命 ひこほほでみのみこと 大己貴命 おおなむちのみこと 2015_09_19 延暦21年(802)富士山東麓が噴火し、須走に斎場を設け鎮火の祈…

須山浅間神社

須山浅間(すやませんげん)神社 南口下宮 郷社 祭 神 木花開耶姫命 このはなのさくやひめのみこと 天津彦火瓊瓊杵命 あまつひこほににぎのみこと 大山祇命 おおやまづみのみこと 天津彦火々出見命 あまつひこほほでみのみこと 天熊大人命 あまくまうしのみこ…

名古屋別院

名古屋別院 東別院 浄土真宗 真宗大谷派 本 尊 阿弥陀如来 あみだにょらい 2015_04_28 元禄3年(1690)尾張藩2代藩主・徳川光友が古渡城の跡地を寄進し、東本願寺16代・一如上人(いちにょしょうにん)が建立 文化2年(1805)五代惣兵衛が本堂を再建 文政6年(1823)本…

甲斐善光寺

甲斐善光寺 定額山 浄智院 浄土宗 本 尊 善光寺式阿弥陀三尊 ぜんこうじしきあみださんぞん 2015_04_07 永禄元年(1558)武田信玄は川中島の合戦により信濃善光寺が兵火にかかるのを恐れ、ここ本多善光葬送の地に本尊をはじめ寺宝類を移した 武田氏滅亡により…

秩父神社

秩父神社 知知夫国新一宮・武蔵国四宮 式内小・国幣小・別表神社 祭 神 八意思兼命 やごころおもいかねのみこと 知知夫彦命 ちちぶひこのみこと 天之御中主神 あめのみなかぬしのかみ 秩父宮雍仁親王 ちちぶのみややすひとしんのう 2015_04_01 令制国が整備され…

伊東温泉七福神めぐり

福禄寿 曹洞宗 水東山 林泉寺本尊・釈迦如来10/25 12:21 大黒天神日蓮宗 海上山 朝光寺本尊・十界大曼陀羅 10/25 14:12 寿老神曹洞宗 宝珠山 最誓寺本尊・阿弥陀如来10/25 14:41布袋尊曹洞宗 稲荷山 東林寺本尊・地蔵菩薩10/25 15:02毘沙門天王日蓮宗別…

佐倉城

東海道 下総の国 城 名 佐倉城 別 称 鹿島城 所 属 佐倉藩藩庁 築城年 1610 築城主 土井利勝 戦国時代の天文年間に本佐倉城主・千葉親胤が鹿島幹胤に命じて築城を開始したが、親胤が暗殺され工事は中止された 慶長15年(1610)徳川家康の命を受けた土井利勝によ…

村山浅間神社

村山浅間(せんげん)神社 富士根本宮・富士山興法寺 県社 祭 神 木花之佐久夜毘賣命 このはなさくやひめのみこと 2014_07_31 社伝によると孝昭天皇2年(AD474)に中腹の水精ケ岳に創建され、応神天皇朝に社殿修造、大宝元年(701)に現在地へ遷座したという 中世に…

箱根神社

箱根神社 関東総鎮守 国幣小・別表神社 祭 神 瓊瓊杵尊 ににぎのみこと 木花咲耶姫命 このはなさくやひめのみこと 彦火火出見尊 ひこほほでみのみこと 2014_07_11 古代より山岳信仰の霊地で、箱根権現・三所大権現とも称された 孝昭天皇の時代に聖占仙人が駒ヶ…

石垣山一夜城

東海道 相模の国 城 名 石垣山城 別 称 一夜城 所 属 安土桃山時代・豊臣勢 築城年 1590 築城主 豊臣秀吉 天正18年(1590)豊臣秀吉が小田原征伐の際に笠懸山の山頂に構築した 小田原城から西3kmにあり、林の中に築いておいて完成後に周囲の木を伐採したため、…

大須観音と赤門

真福寺(大須観音) 北野山 宝生院 真言宗智山派 別格本山 本 尊 聖観世音菩薩 しょうかんのん 清善寺(赤門) 興国山 大光院 曹洞宗 本 尊 釈迦牟尼仏 しゃかむにぶつ 2014_05_12 尾張国長岡庄大須郷(岐阜県羽島市大須)に能信上人が開山 元亨4年(1324)後醍醐天…

大神神社(尾張)

大神(おおみわ)神社 尾張国一宮 式内・名神大・郷社 祭 神 大物主神 おおものぬしのかみ 2014_05_12 旧称は三輪明神 現在の古宮公園(旧地名は大和町宮地花池)に大和国から移り住んだ人々が、大和の大神神社と同じ三輪の神を祀った 熱田庄(熱田社の荘園)で毎年…

相模国分寺・尼寺

相模国分寺 東光山 醫王院 高野山真言宗 本 尊 薬師如来 やくしにょらい 日光菩薩 にっこうぼさつ 月光菩薩 がっこうぼさつ 2014_04_25 奈良時代の天平13年(741)聖武天皇の詔により創建された 10世紀には衰えたが、鎌倉時代に修復された 室町時代以降再び衰…

亀戸天神社

亀戸天神社 府社 祭 神 天満大神=菅原道真 すがわらみちざね 天菩日命 あめのほひのみこと 2014_02_13 寛文元年(1661)菅原道真の末裔で太宰府天満宮の神官・菅原信祐が、元々あった小祠に天神像を奉祀した 寛文2年(1662)四代将軍・徳川家綱が明暦の大火からの…

三峯神社

三峯神社 県社・別表神社 祭 神 伊弉諾尊 いざなぎのみこと 伊弉册尊 いざなみのみこと 天之御中主神 あめのみなかぬしのかみ 高御産巣日神 たかみむすひのかみ 神産巣日神 かみむすひのかみ 天照大神 あまてらすおおかみ 2014_02_10 社伝によれば、景行天皇…