射水神社

     
 射水神社
 越中国一宮
 式内・名神大・国幣中・別表神社
 祭 神
 瓊瓊杵尊
 ににぎのみこと
 2017_07_03

社伝によれば、既に奈良時代には二上山を神体山として麓に鎮座していた 二上神の名で度々六国史などに登場する いずれも高瀬神社と同時に同序列で、共に越中国最高位の神社とされていた 養老元年(717)行基別当寺として、二上権現を祀る二上山・養老寺を建立した しかし、この説には疑問が多いと言う 天平13年(741)能登国越中国に併合された 天平18年(746)大伴家持国司として赴任し、万葉集に多くの歌が詠まれた 天平宝字元年(757)能登国越中国から再び分立した 越中国一宮だった気多大社が、能登国一宮となり、二宮だった当社が昇格した この後、気多神社国府の近くに気多大社から分祠され、一宮争いが起こる 平安時代末の一時期、国府が礪波郡に移されたため、高瀬神社が一宮を名乗る 南北朝時代中期に書かれた神道集では、越中一宮は立山権現(雄山神社)と記されている 承平年間や、天正年間にも兵火により社殿が焼失する 江戸時代に入り加賀藩の祈祷所となって復興した
画像
画像
画像
画像
画像
明治元年(1868)神仏分離令により二上山大権現は射水神社と改称した 養老寺は金光院と慈尊院の2坊が細々と法燈を継ぐ状況となった 明治8年(1875)高岡城本丸跡の現在地に遷座した 高岡町側は喜んだが、産土神を奪われる二上村民は抵抗した 明治10年(1877)二上山麓の旧社地に二上射水神社を分社 二上山内には射水神社摂末社が残され、古来から伝わる築山神事と獅子舞は、二上射水神社で催されることになった 明治33年(1900)高岡大火により社殿焼失 明治35年(1902)現社殿が再建 第2次世界大戦後、二上射水神社越中総社射水神社として独立の神社となり、高岡古城公園射水神社は、越中総鎮守射水神社と称している
画像

高瀬神社

     
 高瀬神社
 越中国一宮
 式内小・国幣小・別表神社
 祭 神
 大己貴命(大国主命)
 おほなむちのみこと
 天活玉命
 あめのいくたまのみこと
 五十猛命
 いたけるのみこと
 2017_06_14

大己貴命が北陸平定を終えて出雲へ帰る時に、国魂神として自らの御魂を鎮め置いたのに始まると伝えられる また、景行天皇11年(81)の御代の鎮座とも云われる 高瀬神の名で続日本紀日本三代実録などに度々登場し、神階を受けている 平安時代の末に一時国府が礪波郡に移転し、越中国一宮となった 多くの荘園を持ち、皇室の御領に宛てられたこともあり、隆盛を極めた 室町時代越中国一向宗徒の支配下に入った 戦国時代に荒廃したが、江戸時代に加賀藩主・前田氏の崇敬を受け保護された
画像
画像
画像
画像
画像
昭和22年(1947)GHQの指令によって中断されていた本殿の建立が、崇敬者有志の浄財や寄進により完成した 翌年には拝殿が、昭和62年(1987)には向拝殿が造営された 国道471号線を跨いで建つ大鳥居は、昭和天皇御在位六十年奉祝事業のひとつとして、小矢部市の故・西田東作氏(株式会社ゴールドウィン創業者)の寄進により建立 礪波郡内の氏神越中国内の式内社34座を祀る 越中国一宮は、当社のほかに射水神社気多神社雄山神社がある
画像

雄山神社

     
 雄山神社
 越中国一宮
 式内小・国幣小・別表神社
 祭 神
 伊邪那岐神
 いざなぎのかみ
 天手力雄神
 あめのたぢからおのかみ
 2017_06_14

大宝元年(701)景行天皇の後裔で越中国国司・佐伯宿祢有若の子、佐伯有頼(慈興上人)が白鷹に導かれ、雄山大神の神勅を奉じて開山造営されたと伝わる 大宝3年(703)釈教興が勧請したとも伝える 天平18年(746)万葉集の17巻に、越中国国司であった大伴家持によって立山の賦が詠まれた 南北朝時代の安居院の神道集では、越中国一宮とされている 建久年間(1190-1199)源頼朝が前立社壇本殿を再建 明応元年(1492)足利義稙が前立社壇本殿を改修 天正11年(1583)佐々成政が前立社壇本殿を再び改修 地獄谷や弥陀ケ原を含む立山連峰を神体とし、立山修験の場であった 三社で雄山神社で、どの社殿に参拝してもご利益は同じとされる 元明天皇後醍醐天皇の勅願所でもあった 神仏習合の時代には仏教色の強い神社で、伊邪那岐神立山権現雄山神(本地・阿弥陀如来)、天手力雄神は太刀尾天神剱岳神(本地・不動明王)とされた
画像
画像
画像
画像
中宮祈願殿(ちゅうぐうきがんでん) 中宮寺芦峅寺(あしくらじ)と呼ばれた 立山信仰では女人禁制だが、芦峅寺がその境界で、女人救済のための行事なども行なっていた 16世紀以降、信徒は諸国を廻り立山の縁起図と共に薬草や薬紛などを配置して翌年に代金を受け取るという、越中売薬の起源となる独自の組織を作った 峅は、神の降り立つ所を意味する 県立立山博物館が隣接している
画像
画像
画像
画像
前立社壇(まえだてしゃだん) 平安初期に建てられた立山寺が前身で、江戸時代に岩峅寺(いわくらじ)と 改称し、明治期には雄山神社遥拝所とも呼ばれた 開祖・佐伯有頼が、立山権現の化身である白鷹によって導かれた岩窟の正面に位置し、この地より立山開山の伝説が始まった 脇を流れる常願寺川がたびたび水害をもたらし、流されたものを御神体とする神社が下流にいくつもある 本殿(重要文化財)を挟んで両脇に表鳥居・東鳥居と表神門・東神門が存在する
画像
峰本社(みねほんしゃ) 主峰雄山山頂(3,003m)にあり、旧暦の7月~9月までしか参拝できない 歴代の加賀藩主・前田氏によって萬延元年(1860)までは神殿が保たれていた 平成8年(1996)136年ぶりに神殿が建替られた 立山黒部アルペンルート室堂ターミナルから徒歩約2時間(未登拝)
関連する記事へのリンク


名護屋城

     
 西海道 肥前の国
 城 名 名護屋城
 別 称 
 所 属 安土桃山時代豊臣秀吉の本営
 築城年 1592
 築城主 豊臣秀吉

中世には松浦党の旗頭・波多氏の一族・名護屋氏の垣添城があり、松浦党の交易拠点の一つであった 文禄元年(1592)豊臣秀吉が大陸へ進攻する為、補給・連絡の中継地として築城した 五重天守や御殿が建てられ、周囲に120ヵ所ほどの諸大名の陣屋がおかれた 城下町も最盛期には10万人を超えるほど繁栄した 慶長3年(1598)秀吉の死後、大陸進攻が中止され廃城となった 慶長7年(1602)寺沢広高は唐津城を築城、この際に名護屋城の遺材を使用した 島原の乱直後に巡検した江戸幕府老中の指示で、一揆などの立て篭もりを防ぐ為、石垣の要所が破却された 大手門伊達政宗に与えられ、仙台城に移築されたと伝わる
画像
画像
画像
画像
画像
画像
訪問日 2017_05_27 遺 稿 建築遺構なし
入場料 100 駐車場 無料 F1
大正15年(1926)名護屋城跡並陣跡として国の史跡に指定された 昭和30年(1955)特別史跡に指定された 昭和60年(1985)公開の黒澤明監督作品・乱のロケ地になった 名護屋城周辺には118ヵ所の陣跡が確認されており、うち65ヵ所に遺構が残っている 佐賀県名護屋城博物館が隣接している
画像

羽柴・豊臣秀吉に縁のある城
墨俣城     河原城     大坂城     安田城
和歌山城     高山城     広島城     石垣山一夜城
伏見城     丸亀城     府内城     唐津城


ザビエル記念教会・田平天主堂

    
 平戸ザビエル記念教会
 
 教会の保護者
 大天使聖ミカエル
 
 カトリック田平教会
 
 教会の保護者
 日本二十六聖殉教者
 
 2017_05_26

日本に初めてキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルは、平戸に三度にわたって訪れた 大正2年(1913)カトリック平戸教会として仮聖堂が建てられ、上神崎(かみこうざき)教会から司祭が巡回していた 昭和6年(1931)隣接地に現・教会堂が建てられた 鉄筋コンクリート造りのゴシック様式の教会堂で、左側にのみ八角塔がある 昭和46年(1971)献堂40周年を記念して、聖フランシスコ・ザビエル像が聖堂脇に建立された 市街地の西の丘にあり、坂の途中にある光明寺や瑞雲寺などの寺院と重なって見える風景は「寺院と教会の見える風景」として、平戸を代表する景観の一つとなっている
画像
画像
画像
日本二十六聖人は、慶長元年(1597)豊臣秀吉の命令によって長崎で磔の刑に処されたイエズス会関係者・フランシスコ会員・カトリック教徒 明治時代にパリ外国宣教会のラゲ神父、ド・ロ神父らが私費で平戸島対岸の南田平に荒れ地を購入 明治12年(1879)仮聖堂が造られた 大正7年(1918)信者が増え、信徒たちが開墾した瀬戸山に、鉄川与助が設計した天主堂が建立された 煉瓦造り一部木造・瓦葺き平屋建てで、色の異なる煉瓦を交互に積むイギリス積みで、上部に8角形のドーム型の鐘塔を持つ 平成15年(2003)重要文化財となる
画像
画像
画像
画像

平戸城・亀岡神社

     
 西海道 肥前の国
 城 名 平戸城
 別 称 亀岡城
 所 属 平戸藩
 築城年 1707
 築城主 松浦棟
     
     
 亀岡神社県社
 祭 神
 霊椿山神社 6柱
 七郎神社 3柱
 乙宮神社 5柱
 八幡神社 5柱
     
 2017_05_27

嘉禄元年(1225)嵯峨天皇の皇子・源年融(とほる)の子孫で、峯(松浦)持(たもつ)が、平戸港北側に御館山城を築いた 正平7年(1352)16代・松浦勝(すぐる)が白狐山城(びゃっこざんじょう)を築城 天文19年(1550)ポルトガルの貿易船が平戸に入港し、中国などアジアとの貿易拠点となった 慶長4年(1599)26代・松浦鎮信(しげのぶ)が日の岳城の築城を開始する 慶長5年(1600)関ヶ原の戦いで、大坂にいた久信が西軍に組したが、本国にいた鎮信は東軍に就き、徳川家康の疑念を招かないように建設途中の城を焼却した 鎮信は平戸藩初代藩主となった 慶長12年(1607)平戸城は大火に襲われて全焼 慶長14年(1609)オランダ・イギリスが商館を設置し、西の都と呼ばれ対外貿易の中心地として栄えた 元和6年(1620)御館山城跡の下方に御館を建て、藩庁とした 元禄15年(1702)4代藩主・松浦重信(しげのぶ)が平戸城の再建を幕府に願い出る 宝永4年(1707)5代藩主・松浦棟(たかし)により平戸城がほぼ完成した 享保3年(1718)平戸城、完成 山鹿流築城法に則って築城したといわれるが、その特徴を明快に表すものはない
画像
画像
画像
画像
画像
画像
本丸の模擬天守は、三重五階の層塔型で、昭和37年(1962)建立 現存するのは、二の丸の狸櫓・北虎口門(櫓門) 代用天守だった乾櫓は老朽化のため明治8年(1875)取り壊したが、昭和37年(1962)再建 同時に、見奏櫓・懐柔櫓・地蔵坂櫓も復興された
訪問日 2017_05_26 遺 稿 現存狸櫓・搦手門・模擬三階櫓
入場料 510 駐車場 無料 C1
画像
画像
画像
寛永8年(1631)平戸藩藩主・松浦棟が祖霊4柱を平戸城内の霊椿山に祀った 明治13(1880)平戸城二の丸跡に、霊椿山神社・七郎宮・乙宮神社・八幡神社の4社を合祀して創建された
     
 霊椿山(れいちんざん)神社
 祭 神 
 松浦(源)久(8代) まつらひさし
 松浦持(11代) まつらたもつ
 松浦答(14代) まつらことふ
 松浦定(15代) まつらさだむ
 松浦勝(16代) まつらすぐる
 松浦詮(37代) まつらあきら
     
 七郎神社
 祭 神 
 七郎氏広命 しちろううじひろのみこと
 十城別命 とおきわけのみこと
 鴨一隼戸命 かもいちはやとのみこと
     
 乙宮(おとみや)神社郷社
 祭 神 
 天照大御神 あまてらすすめおおかみ
 表筒男神 うわつつのをのかみ
 中筒男神 なかつつのをのかみ
 底筒男神 そこつつのをのかみ
 天児屋根命 あめのこやねのみこと
     
 八幡神社郷社
 祭 神 
 誉田別命(応神天皇) ほんだわけのみこと
 宇迦御魂神 うがのみたまのかみ
 御柱神国御柱 あめのみはしらくにのみはしらのかみ
 弥都波乃売神 みづはのめのかみ
 倉稲魂命 うかのみたまのみこと

画像

伊弉諾(いざなぎ)神宮

     
 伊弉諾神
 淡路国一宮
 式内・名神大・官幣大・別表神社
 祭 神
 伊弉諾大神
 いざなぎのおおかみ
 伊弉冉大神
 いざなみのおおかみ
 2017-04-29

日本書紀古事記には、国産み・神産みを終えた伊弉諾尊が、最初に生んだ淡路島多賀の地に、隠居所として幽宮(かくりのみや)を構えたとある この幽宮跡に神陵を築いて、伊弉諾尊を祀ったのが始まり 履中天皇5年(404)日本書紀に伊奘諾神の記載がある 淡路国は、御食国(みけつくに)として租調庸の税とは別に贄(にえ)として雑魚を納めていた 7世紀には田畑が少なくとも一国として成立していた 伊弉諾尊を皇祖神の親とする信仰は7世紀中頃、淡路国から大和朝廷の神話に組み込まれたとする説がある 延長5年(927)延喜式神名帳で、淡路国津名郡・淡路伊佐奈伎神社・名神大と記載されている 貞応2年(1223)淡路国大田文の記述により、淡路国一宮とされ、神宮寺があったことがわかる 弘安3年(1280)坂上田村麻呂の子孫と言う田村仲実が社殿を再興した
画像
画像
画像
画像
画像
画像
明治3年(1870)名東県によりそれまで2柱だった祭神を伊弉諾尊1柱と定められた 庚午(こうご)事変・稲田騒動が基で、淡路島の帰属が徳島県から兵庫県に移った 明治15年(1882)本殿、再建 明治16年(1883)表神門、再建 昭和7年(1932)妃神の伊弉冉尊を合祀 昭和29年(1954)伊弉諾神宮に改称した 平成7年(1995)阪神・淡路大震災で一の鳥居が倒壊、同年再建 伊弉諾尊の幽宮と伝わる場所は、他に滋賀の多賀大社がある しかし、古事記真福寺本に、故其伊耶那岐大神者坐淡海之多賀也(いざなぎのおおかみは あふみのたがに ましますなり)とあるのは誤記ではないかと考えられている それは他の多くの写本が、故其伊耶那岐大神者坐淡路之多賀也になっており、古事記で近江は近淡海と記されるのが常であることと、多賀大社の祭神は南北朝時代の頃までは伊弉諾尊ではなかったことによる
画像

宮号を名乗る神社へのリンク
鹿島神宮     熱田神宮     香取神宮
平安神宮     気比神宮     出雲大神宮     北海道神宮
神宮(伊勢神宮)     橿原神宮     鹿児島神宮
中津大神宮     宇佐神宮     吉野神宮     霧島神宮